日本の医療制度は世界に誇れる優れたものです

国際的に見た日本の医療制度

  • 世界保健機関(WHO)が、2000年、世界各国の保健医療制度の比較結果を発表しました。
  • 日本の医療は、極めて高い評価を受け、世界のトップに評価されています。(図1参照)
  • 高評価を受けながら、低い医療費に抑えてられている事も優秀な特徴の1つです。
  • 日本の医療制度は、世界一の長寿国、世界一低い乳幼児死亡率の実現に大きく貢献しています。
  • 一方、世界各国の医療費を調べている経済協力開発機構(OECD)は、日本の医療費が
    世界各国と比較し、低い事を指摘しています。(図1参照)

日本の医療と外国の医療の比較

図1.健康寿命と医療費


  世界保健機関(WHO) 経済協力開発機構(OECD)
健康達成 一人当たり国内総生産
(GDP) 1998年
総医療費と国内総生産
との比較 1998年
健康 健康達成度
の総合評価
健康寿命 平等性
日本 1位 3位 1位 5位 18位
オーストラリア 2 17 12 17 7
フランス 3 12 6 12 5
イタリア 6 14 11 16 14
カナダ 12 18 7 18 6
英国 14 2 9 14 21
ドイツ 22 20 14 8 3
米国 24 32 15 4 1


出典:WHO(世界保健機関)World Health Report 2000,
   OECD(経済協力開発機構)OECD HEALTH DATA 2000
 注:WHO・OECD加盟国のうち、主要8カ国のランキングを示したものである。

  • 健康寿命とは健康で自立して生活できる年齢をいう。
  • 平等性とは年齢や地域間の格差がないことを示す指標。
  • 国内総生産(GDP)とは、国の経済力の指標。

 

図2.乳幼児死亡率(出生千人対)、平均寿命の国際比較


  乳幼児死亡率
(出生千人対)
平均寿命
日本 3.6人 77.1歳 84.0歳
スウェーデン 4.0 76.2 81.4
イギリス 6.1 74.3 79.5
フランス 4.9 74.6 82.2
ドイツ 5.0 73.3 79.7
米国 7.6 73.6 79.4

 

出典:WHO World Health Statistics Annual, UN Demographic Yearbook
 注:諸外国との比較は、国により作成期間が異なっており、
   本比較は各国の直近のデータによる比較である。

参照元 : 日本医師会様HP

(健康寿命と医療費 = http://www.med.or.jp/nichikara/teigen130921.pdf)

 

お知らせ

EBM総合研究所は、EBMデータを製薬メーカー様へご提供する予定です。全ての臨床情報を有用な新薬開発の為に、、、