治験とは?臨床試験とは?

製薬メーカーが、開発した治療効果のある薬剤を医薬品(お薬)として、病院等の医療施設で使って
貰ったり、薬局で販売して貰う為には、事前に、厚生労働省に承認、認可して貰う事が薬事法により
義務づけられています。

その為には、承認前の薬剤(医薬品候補)を実際に、患者や健康な人に投与する事により、下記の
二つを確かめる必要があります。

  • 安全性(副作用の有無、副作用の種類、程度、発現条件など)
  • 有効性(効果、最適な投与量・投与方法)


この「新薬開発」の為の「治療臨床試験(治療を兼ねた試験)」の事を「治験(ちけん)」と言います。

 

山本精一郎先生の治験紹介の動画です。

お知らせ

EBM総合研究所は、EBMデータを製薬メーカー様へご提供する予定です。全ての臨床情報を有用な新薬開発の為に、、、